水漏れの対処法

水道が水漏れを起こした場合の対処方法は、まず水道の元栓を閉めることです。当然のことですが、元栓を閉めれば水漏れは止まります。水滴で地面が濡れて困るという程度の水漏れであれば、タオルを敷いたりバケツを置いたりといった対応で対処できますが、勢いよく水が噴き出すような水漏れの場合はタオルやバケツでは対応できませんので、速やかに元栓を閉めるようにしましょう。

水道の元栓水道の元栓がどこにあるかご存知でしょうか。水漏れが起きた際に慌てずに対応するためには、水道の元栓がどこにあるかを日頃から知っておく必要があります。基本的に水道の元栓は凍結を防ぐ目的で地中にあります。一軒家の場合は、庭先などの地中にあることが多く、四角い金属製の蓋で場所がすぐにわかるようになっており、開閉が自由にできるようになっています。マンションなどの集合住宅の場合は、玄関の横にある場合が多いです。

タオルやバケツを置いたり、元栓を閉めたりして応急処置を行った後は、水道修理業者やマンションの管理人などに連絡をしましょう。水漏れしている場所を自分で探すことや、自分で修理しようとすると水漏れがさらに悪化する事態を招きかねません。今後の水漏れを防ぐためにも、プロに任せるようにしましょう。